遺伝子解析による効率的な育種技術の開発

遺伝子解析による効率的な育種技術の開発

県名岐阜県
研究機関名静岡県畜産技術研究所中小家畜研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間完H19〜23
年度2011
概要目的:金華豚の遺伝子をデュロック種にDNAマーカーアシスト導入しトレーサビリティーが可能な最高級肉質を持った豚を開発した。これらの野外における繁殖性や肥育成績を調査する。
、成果:DNAマーカーアシスト導入によりデュロック種へ導入した金華豚のシェアバリューQTLの効果は、110kg出荷でも認められ、と殺1週間後まで続いた。野外飼育試験におけるフジキンカの繁殖成績は、初産、2産目で低い傾向にあった。平均出荷日齢は214〜257日であった。
研究分担養豚・養鶏科
予算区分県単
業績(1)止め雄の戻し交配の世代が三元交雑豚の産肉性と肉質に及ぼす影響
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030180789
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat