小麦の高品質安定栽培技術の開発

小麦の高品質安定栽培技術の開発

県名静岡県
研究機関名岐阜県農業技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間完H21〜23
年度2011
概要目的:肥効調節型肥料を元肥とする施肥体系を基本として、「イワイノダイチ」及び「農林61号」を高品質かつ安定的に栽培する技術を体系的に確立する。
、計画:「イワイノダイチ」の栽培において、追肥時期、追肥回数の違いによる品質への影響を調査する。また、晩播の場合の品質向上方法を検討する。
、成果:蛋白含量を高めるためには、葉色の推移にあわせて追肥することが必要であった。追肥を12月と3月に分施すると慣行より収量や蛋白含量を高めることができた。晩播では播種量を増加することが良いことを明らかにした。
研究分担作物部
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030180849
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat