農薬飛散、省力に配慮したカキの先進的防除体系の開発

農薬飛散、省力に配慮したカキの先進的防除体系の開発

県名静岡県
研究機関名岐阜県農業技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間完H21〜23
年度2011
概要目的:農薬散布方法の改善(樹幹塗布、高濃度塗布)や性フェロモンの活用により、大型防除機に頼らない省力的な防除技術の開発を行い、併せて安全・安心な「ぎふクリーン農業50」の達成が可能なカキの先進的防除体系を構築する。 成果:農薬の樹幹塗布や高濃度少量散布に加え性フェロモン剤を組み合わせることでフジコナカイガラムシ、樹幹害虫、カキノヘタムシガに対して大型防除機による慣行防除体系とほぼ同等の防除効果を得ることが可能である。
、今後の展開:樹幹塗布については現地普及を進める。高濃度少量散布については農薬登録の促進を進める。
研究分担環境部
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030180878
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat