環境保全型農業と両立する生物的相互関係を活用した難防除コナダニ類新管理体系の確立

環境保全型農業と両立する生物的相互関係を活用した難防除コナダニ類新管理体系の確立

県名静岡県
研究機関名岐阜県農業技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H22〜24
年度2011
概要目的:難防除害虫であるホウレンソウケナガコナダニの発生と土壌に投入する有機質資材の種類の相関性を科学的に解析し、発生抑制型栽培条件を体系化する。併せて、天敵利用、的確な被害予測方法に基づく薬剤散布により、効率的防除方法をマニュアル化する。
、計画:(1)コナダニ発生圃場および未発生圃場の土壌中糸状菌相の違いを調査する。(2)施用した有機質資材種の違いが土壌中の糸状菌相に与える影響を調査する。
、成果:(1)現地圃場の作付前土壌における土壌内の物理性、養分状態がコナダニ増殖に与える影響を明らかにした。(2)現地圃場の作付前土壌における土壌糸状菌相がコナダニ増殖に与える影響を明らかにした。(3)施用する有機質資材、及び土壌消毒法の違いがコナダニ増殖と糸状菌相に与える影響を明らかにした。
研究分担生物機能研究部
予算区分受託(農林水産省)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030180892
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat