漁業専管水域内資源調査(底魚資源調査)

漁業専管水域内資源調査(底魚資源調査)

県名愛知県
研究機関名愛知県水産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H14〜
年度2011
概要[研究の背景・目的]
、 トラフグ、マアナゴ、シャコ、ヤリイカの資源状況等を把握するため、調査を実施する。
、[本年度の目標]
、・漁獲統計の収集・整理と魚体測定の結果を用いて、年齢別の漁獲量及び漁獲尾数を推定する。
、・トラフグについて、加入量調査を渥美外海で延縄漁船により実施し、本年漁期の漁獲量を推定して操業計画に役立てる。
、・標本船調査(底びき、あなご篭)を実施し、漁獲状況を把握する。
、・小型底びき網による漁場一斉調査を伊勢湾で年4回、三河湾で年2回実施し、対象魚種の資源状態を把握するとともに、分布と環境との対応を調べる。
、・ヤリイカについて、加入量調査を渥美外海で実施し、加入資源の動向及び海況との関連を検討する。
、[結果の概要]
、(1)トラフグ;延縄による試験操業の結果と昨年度の底びき網及び延縄の漁獲状況から、今漁期の延縄における漁獲量は20トンと予測された。
、(2)シャコ;豊浜における秋の漁獲量と12月以降翌5月までの漁獲量の関係から、平成24年漁期の漁獲量は約90トンと推定された。以上より、2010年級群の資源量は、2009年級群と同水準と推定された。また、三河湾の一斉調査では、6月が2,348尾、9月が5,892尾と、昨年見られた貧酸素水塊発生前後での著しい減耗が見られなかった。
、(3)マアナゴ;仔魚の混獲量と小底の漁獲量における正相関関係から、平成22年春の仔魚混獲量指数(来遊水準)が低かったことが今漁期の漁獲量低迷の主因と考えられた。一方、平成23年春の仔魚混獲量指数は、過去20年の平均に近く、来漁期のマアナゴ資源量は今漁期よりは多くなると推定された。
、 (4) ヤリイカ;8月に加入量調査(試験操業)を行った結果、近年の資源水準と同等であると考えられた。一方、今年度漁期の12月までの片名市場における漁獲量は43トンであり、前年(108トン)を大きく下回った。解禁以降の黒潮流路はN型基調であったが、断続的に顕著な暖水波及が沿岸域に及び水温が高かったため、低水温を好むヤリイカの漁場形成が不調に終わったと推測される。
研究分担海洋資源グループ
予算区分受託(独立行政法人)
業績(1)漁業専管水域内資源調査
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030181135
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat