ノリ色落ち対策技術開発試験

ノリ色落ち対策技術開発試験

県名愛知県
研究機関名愛知県水産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間完H19〜23
年度2011
概要[研究の背景・目的]
、 ノリの色落ち原因を明らかにし、人為的に制御可能な要因を特定することによって、ノリの色落ち被害の軽減のための対策技術の開発を実施する。
、[本年度の目標]
、ア ノリ漁場におけるアサリ資源の増大
、・稚貝移植技術の開発;適正な移植密度を解明するため、吉田地先で密度別移植試験を行う。
、イ 色落ち原因プランクトンの発生と栄養塩濃度、ノリ色落ち過程の把握
、・伊勢湾、三河湾、湾口部の20定点で、栄養塩・クロロフィル測定及びプランクトン検鏡を行う。色落ち被害の多いノリ漁場において、栄養塩、クロロフィル、プランクトン及びノリ葉体の変化を調査し、ノリ色落ち過程の状況を把握する。
、ウ ノリ漁場における生態系モデルの開発と栄養塩動態の解明
、・湾レベルの流動及び水質シミュレーションの開発及び簡易モデルの改良を行う。色落ちプランクトンの室内実験を行い、栄養塩吸収速度等を求める。
、エ ガイドライン作成
、・ノリ養殖漁場に付随するアサリ漁場の広さ、稚貝適正放流密度、食害防除についてのガイドラインを作成する。
、[結果の概要]
、ア ノリ漁場におけるアサリ資源の増大
、・アサリ稚貝の移植密度と場所について、餌料環境のよい沖側(D.L.+10cm)に1,000個/m^2、岸側(D.L.+40cm)に500個/m^2が適正であることを把握した。
、イ 色落ち原因プランクトンの発生と栄養塩濃度、ノリ色落ち過程の把握
、・DINについては、外海から伊勢湾では夏季に最低となり冬季に最大となり、知多、渥美湾では夏季に最低となり11月に最大に達した後、減少した。DIPについては伊勢・三河湾ともに11月に最大となりその後急減期に減少し、春季に枯渇状態を示した。ユーカンピアは外海から内湾に広く出現し、特に知多湾で冬から春季に多く出現する傾向がみられた。ノリの色調の簡易判定法を開発し、G値で20、窒素含量で46μg/mg-DWという色落ち判断基準を設定した。

、・ノリ色落ち対策に寄与する二枚貝増養殖技術ガイドラインを作成した。
研究分担漁場保全・海洋資源・栽培漁業グループ
予算区分受託(水産庁)
業績(1)ノリ色落ち対策技術開発試験
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030181137
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat