微生物を活用した食品加工残さの保存性向上に関する研究 (1/2) 、 ― 乳酸菌を活用した豆類加工残さの保存性向上 ― 、

微生物を活用した食品加工残さの保存性向上に関する研究 (1/2) 、 ― 乳酸菌を活用した豆類加工残さの保存性向上 ― 、

県名愛知県
研究機関名愛知県あいち産業科学技術総合センター食品工業技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間継続H23-24
年度2011
概要オカラ発酵に適した混合スターター用乳酸菌を二種類選抜した。Lb. casei L-14株と
、W. paramesenteroides HM25株の混合培養により、有機酸生成が促進され、特に腐敗が問題となる30℃以上での速やかなpH低下を実現した。低温下で生育可能な乳酸菌であるLb. sakei D-1001株とLb. plantarum 4株の混合培養により、10℃〜20℃での増殖と有機酸生成が促進された。二種類のスターターを使い分けることにより、外気温の変動に対応可能となり、実用的な発酵システムとすることが期待できた。
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030181173
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat