クロ−ン牛の産肉能力実証に関する研究

クロ−ン牛の産肉能力実証に関する研究

県名三重県
研究機関名三重県畜産研究所
課題種別試験研究課題
研究期間H20〜24
年度2011
概要これまでに生産したクロ−ン牛の発育性や 肉質、相似性などの調査成績をまとめ、クロ−ン技術を用いることによってどの程度の優良牛が生産可能であるかを検証します。また、本県における将来的なクロ−ン技術の応用技術について、特に松阪牛や伊賀牛などの優良な遺伝形質を後代に継承するための手段や遺伝資源の保存技術について検討を行います。
研究分担家畜改良繁殖研究課
予算区分県単
業績(1)【クローン牛の産肉能力実証に関する研究】
、1ml精液ストローを用いた体細胞凍結時の耐凍液との感作時間に関する検討

(2)【クローン牛の産肉能力実証に関する研究】
、高品質な卵子卵丘細胞複合体(以下、COCs)の回収方法に関する検討

(3)・ガラス製シリンジを用いたと体由来卵巣からの高品質卵子卵丘細胞複合体(COCs)の効率的回収方法
(4)・と体由来卵巣からの高品質卵子卵丘細胞複合体(COCs)の効率的回収方法の検討
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030181239
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat