種苗生産の早期安定化と放流効果の正確な判定によるクルマエビ類の栽培技術の高度化

種苗生産の早期安定化と放流効果の正確な判定によるクルマエビ類の栽培技術の高度化

県名三重県
研究機関名三重県水産研究所
課題種別試験研究課題
研究期間継H22〜24
年度2011
概要【目的】 クルマエビ・ヨシエビについて放流に適したサイズを検討し、栽培漁業の採算性の向上に資する知見を収集する。 【得られた成果】 クルマエビは大型種苗、ヨシエビは小型種苗、大型種苗の放流を行い、漁獲による回収状況の調査を開始した。また、稚エビ分布調査では、夏秋季の木曽三川の汽水域においてヨシエビが、秋季に松阪沿岸でクルマエビが採集され、放流適地に関する情報が得られた。
研究分担資源開発管理研究課
予算区分受託(国)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030181262
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat