造林初期における保育コスト低減技術の開発

造林初期における保育コスト低減技術の開発

県名三重県
研究機関名三重県林業研究所
課題種別試験研究課題
研究期間継H22〜24
年度2011
概要目的:三重県産ヒノキ品種の当年生山行苗生産技術、下刈り省略可否判定技術を確立する。また、これらの成果などを利用して低コスト育林体系を構築する。
、成果:灌水チューブポットを用いて有望品種である尾鷲8号の効率的な当年生山行苗生産技術を開発した。また、様々な履歴を持つ新植地において植栽木や競合植生の成長データを蓄積した。また、低コスト育林体系の構築に向けて、固定試験地を追加設定した。
研究分担森林環境研究課
予算区分国庫補助(林野庁)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030181293
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat