森林再生と未利用森林資源の利用推進を支援する森林管理システムe−forestの開発と実証 、

森林再生と未利用森林資源の利用推進を支援する森林管理システムe−forestの開発と実証 、

県名三重県
研究機関名三重県林業研究所
課題種別試験研究課題
研究期間継H22〜26
年度2011
概要目的:三重県を代表機関として、8研究機関が共同で行う研究の一部を分担する課題である(新たな農林水産政策を推進する実用技術開発事業)。当研究所は平成24年度まで、森林管理の程度(管理良好、管理不足等)や間伐経過年数等の異なる林分の調査を行い、平成25年度以降に作成する森林施業指針に反映させるため、間伐の効果などを森林現況別にまとめることを目的とする。
、成果:平成22〜23年度で、間伐等の履歴の明らかなスギ22林分、ヒノキ32林分についてプロット調査を実施し、サンプル木を採取して樹幹解析を行った。間伐直後〜11年程度経過した林分の胸高直径と立木密度の関係を間伐前後で比較したところ、間伐後は林分収穫表の回帰線に近づいている結果が得られた。間伐により肥大成長が促進され、標準的な胸高直径−立木密度の関係になりつつあると推定された。
研究分担森林環境研究課
予算区分受託(農林水産省)
業績(1)Estimation of Crown Closure Rate in Sugi and Hinoki Stands after Heavy Thinning.
(2)The Introduction of the Research Project: Development and Demonstration of Forest Management System, e-forest, which Supports Revitalization of Forest and Promotion of Utilization of Unused Forest Resources.
(3)過密人工林における間伐後の状況
(4)スギ、ヒノキ林分における樹幹形状と枝下高の関係
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030181299
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat