密度は高く、収穫は長く−中空構造栽培槽で実現する「勝てる」イチゴ

密度は高く、収穫は長く−中空構造栽培槽で実現する「勝てる」イチゴ

県名大阪府
研究機関名大阪府環境農林水産総合研究所
課題種別試験研究課題
研究期間H23〜25
年度2011
概要中空構造を特徴とする栽培槽を用いたイチゴ栽培試験により、植物体の根域および地上部近傍だけを効果的に冷却し、培地温度上昇を防ぐ手法を開発し、その効果とコストについて検討する。さらに、受粉促進のために、栽培槽全体を振動させる簡易な振動機構を開発する。
研究分担食の安全研究部・防除土壌G
予算区分国費
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030181488
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat