天候不順による原料入荷量変動を克服する水ナス漬の高精度漬け込み制御・出荷量安定化技術の開発

天候不順による原料入荷量変動を克服する水ナス漬の高精度漬け込み制御・出荷量安定化技術の開発

県名大阪府
研究機関名大阪府環境農林水産総合研究所
課題種別試験研究課題
研究期間H23〜24
年度2011
概要水ナス漬は、一般的に原料の鮮度が品質を左右するため、毎日の原料調達及び翌々日出荷が必須である。しかし、地域内原料ゆえに当該地域の天候不順によって入荷ゼロの日が続く場合があり、問題であった。そこで、当研究所のシーズ(浸透速度制御技術)を実用レベルまで確立し、水ナス漬の安定供給を実現する。
研究分担食の安全研究部・評価加工G
予算区分公的受託
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030181505
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat