ホウレンソウケナガコナダニの耕種的防除技術開発と土着天敵相に対する影響評価[課題名:環境保全型農業と両立する生物的相互関係を活用した難防除コナダニ類新管理体系の確立]

ホウレンソウケナガコナダニの耕種的防除技術開発と土着天敵相に対する影響評価[課題名:環境保全型農業と両立する生物的相互関係を活用した難防除コナダニ類新管理体系の確立]

県名奈良県
研究機関名奈良県農業総合センター
課題種別試験研究課題
研究期間[継]H22〜24
年度2011
概要コナダニに対する既存の薬剤等による防除効果は不安定である。そこで、薬剤だけに頼らない耕種的防除法を開発する。また、土着天敵を有効利用するため、耕種的防除の影響を評価するとともに、影響のない防除技術を開発する。
研究分担環境・安全担当(病害虫防除、環境保全)、高原農業振興センター(営農技術)
予算区分受託(農林水産省)
業績(1)施設栽培ホウレンソウにおける休作中の降水量がホウレンソウケナガコナダニの発生に及ぼす影響
(2)ホウレンソウケナガコナダニ被害に及ぼすホウレンソウの品種の早晩性の影響
(3)堆肥の施用時期・堆積期間がホウレンソウケナガコナダニの密度、土壌及びホウレンソウ生育に及ぼす影響
(4)ホウレンソウ施設栽培におけるホウレンソウケナガコナダニの耕種的防除の試み
(5)ホウレンソウケナガコナダニの増殖に対する土壌物理性の影響
(6)ホウレンソウの生育の早晩とホウレンソウケナガコナダニによる被害との関連
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030181721
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat