有機物施用による減肥基準の策定

有機物施用による減肥基準の策定

県名和歌山県
研究機関名和歌山県農林水産総合技術センター農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間完H22〜23
年度2011
概要目的:実エンドウ栽培において土壌集積リン酸と家畜糞堆肥を利用した場合のリン酸減肥基準をを策定する。
、成果:リン酸集積土壌において、牛ふんオガクズ堆肥無施用、1t/10a施用と施肥リン酸全量施肥、50%減肥、無施肥を組み合わせた計6処理区で実エンドウを栽培すると、収量、無機養分含有率は区間に差がなく、土壌リン酸量はリン酸無施用区で他の処理区に比べ10mg/100g程度低下した。交換性カリウムは カリウム施用量の減少に伴って低下した。
研究分担環境部
予算区分受託(農業・食品産業技術総合研究機構)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030181784
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat