農作物鳥獣害防止技術実証

農作物鳥獣害防止技術実証

県名和歌山県
研究機関名和歌山県農林水産総合技術センター果樹試験場うめ研究所
課題種別試験研究課題
研究期間継H22〜23年
年度2011
概要目的:鳥獣害の着実な被害軽減を図るためには、栽培面積の大きい果樹を中心に最適な対策を指導するとともに、個々の集落がおかれた状況に応じて的確な指示を出す資料を作成する。
、成果:(1)イノシシの箱ワナ誘引エサはとうもろこしが最も適し、カンキツ地域では米糠はあまり効果的で無いことが示唆された。(2)イノシシの掘り起こしは夏期にヒルガオ等の多年草の根や地下茎で発生し、苗木の倒伏、石垣の破壊等の被害を招いた。(3)イノシシの囲いワナ捕獲は有田川町では4〜8月、特に7月に多く、周辺地域のエサの量が少ない時期に捕獲効率は高まると考えられた。
研究分担環境部
予算区分県単
業績(1)和歌山県果樹試験場ほ場におけるニホンザルの出没状況
(2)和歌山県果樹試験場ほ場におけるニホンザルの出没状況
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030181805
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat