果樹病害虫防除技術の開発

果樹病害虫防除技術の開発

県名和歌山県
研究機関名和歌山県農林水産総合技術センター果樹試験場うめ研究所
課題種別試験研究課題
研究期間継 s57〜
、H22年
年度2011
概要目的:かいよう病,アカマダラケシキスイ等のウメの主要病害虫の発生生態を解明し、防除技術を確立する。
、成果:(1)ウメかいよう病の葉における体系防除ではマイコシールド2回散布とスターナ1回散布の効果は高いと考えられる。
、(2)オーソサイド水和剤、デランフロアブル、スコア顆粒水和剤は多雨条件下でもすす斑病に高い防除効果を示した。
研究分担うめ研究所
予算区分県単
業績(1)・和歌山県において発生したウメ根頭がんしゅ病の病原細菌の同定
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030181811
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat