除草剤を使わない水稲栽培技術の確立 、1)チェーン・ブラシ除草器具の効果

除草剤を使わない水稲栽培技術の確立 、1)チェーン・ブラシ除草器具の効果

県名島根県
研究機関名島根県農業技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間完H20〜23
年度2011
概要 チェーン・ブラシ除草器具を水田用除草機に取り付けて2回の機械除草を行うことにより、除草機だけの場合に比べて、水稲の欠株は同程度で、コナギに対する除草効果が株間で顕著に高まったため、収量が約10%増加した。
、 除草器具を田植機でけん引する除草方法について、除草回数と器具の種類を検討したが、コナギに対する除草効果や水稲の生育に大きな差が認められなかった。除草器具の改良等により、除草1、2回目におけるコナギに対する除草効果を高める必要があると考えられた。
研究分担栽培研究部 作物グループ
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030181941
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat