エゴマの栽培技術の確立と機能性の検証 、 、

エゴマの栽培技術の確立と機能性の検証 、 、

県名島根県
研究機関名島根県農業技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H19〜24
年度2011
概要 窒素施用量がエゴマ葉並びに種子の収量に与える影響及び種子の収穫適期に関して検討した。窒素施用量と収量については、葉、種子ともに窒素施用量が多くなるほど収量は増加傾向を示した。このうち、種子は標準の3倍量の施肥をしても収量の頭打ちはみられなかったが、葉は標準の2倍量の施肥でほぼ限界収量に達した。また、開花後35日、40日、50日に種子の収穫を行ったところ、中海種では開花後35日の収量が最も多く、田村種では開花後50日で最大となった。
研究分担資源環境部 特産開発グループ
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030181983
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat