受精卵を活用した「しまね和牛」雌牛群の改良対策システムの開発

受精卵を活用した「しまね和牛」雌牛群の改良対策システムの開発

県名島根県
研究機関名島根県畜産技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間新H22〜24
年度2011
概要目的
、県下全域において、高い能力を有する和牛繁殖雌牛群を早期に確立するための1つの有効な手段として、受精卵移植(ET)を活用した和牛生産システムの構築が急務である。しかしながら、和牛雌牛へのET受胎率は人工授精による受胎率と同程度の受胎率を確保することが困難である。そのため、酪農家に比べ和牛農家においての受精卵移植が進行していない。
、そこで、子牛生産のベースとなる繁殖牛群の能力のレベルアップを図るために、和牛雌牛をET受卵牛として効果的に活用できる技術を開発・普及する。

、進行状況
、和牛経産牛の受胎成績にマイナスの影響を及ぼすとされるストレスへの耐性を向上させるために、自然界最強の抗酸化物質とされる“アスタキサンチン(ASX)”に着目した。投与形態は、ペレット化したASX製剤の経口投与で設定。
、(1) 妊娠牛20頭を用いてASX投与試験を行い(ASXとして50あるいは100mg/日)、ストレス関連項目の血液生化学検査値の投与前後の推移を調べた。その結果、スーパーオキサイドディスムターゼ(SOD)活性値には特段の変化が認められなかったが、過酸化脂質(TBARS)は低下する傾向が観察された。
、(2) 産褥期(分娩後30日間)におけるASX投与(50mg/日)がその後のET成績に及ぼす影響を特定のET活用型農場で調査。ET受胎率は、非投与群の44%(23/52)に対して投与群が50%(6/12)と高率になる傾向が認められている。さらに、調査を継続中である。
研究分担繁殖技術グループ
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030181987
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat