アユ資源回復モニタリング調査

アユ資源回復モニタリング調査

県名島根県
研究機関名島根県水産技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H22〜24 
年度2011
概要水産技術センターの提言により、高津川漁協は、平成20年度から禁漁期の拡大や産卵場の造成など、天然アユ増大のための取り組みを始めた。 本調査では、高津川において流下仔魚量や産卵状況などのモニタリングを行い、これまでのアユ資源増殖の取り組みの効果を検証していく。またこの取り組みを他の河川に広げていく第一歩として、江川においてアユ資源の基礎調査を開始する。
研究分担内水面グループ 海洋資源グループ
予算区分県単
業績(1)アユ資源管理技術開発
(2)資料 島根県西部河川におけるアユ産卵場造成について−III
(3)高津川漁協はなぜ産卵保護を強化したのか?
(4)天然アユ資源はなぜ年変動を繰り返すのか
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030182020
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat