安全・安心な乾燥材生産技術の開発(継続)

安全・安心な乾燥材生産技術の開発(継続)

県名島根県
研究機関名島根県中山間地域研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H21〜23
年度2011
概要目的:心持ち柱材を高温乾燥する場合に、樹種や処理条件によっては内部割れが発生することがある。そこで、内部割れの少ない乾燥技術を開発し、強度的に安全で安心して使える乾燥材の生産技術を確立する。当センターでは弾性波による乾燥材の品質評価手法の開発を行う。 
、計画:(1)弾性波伝播速度と内部割れ発生形態との関係の解明、(2)スギ・ヒノキ心持ち正角材の非破壊による内部割れの評価手法の開発
、期待される成果:(1)スギ・ヒノキ正角材の非破壊による内部割れ評価手法の確立、(2)安全・安心な乾燥材生産技術の確立
研究分担木材利用グループ
予算区分受託(石川県)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030182060
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat