大豆奨励品種決定調査

大豆奨励品種決定調査

県名岡山県
研究機関名岡山県農林水産総合センター農業研究所
課題種別試験研究課題
研究期間継(S56〜)
年度2011
概要本県に適応する大豆の優良品種を選定するため、大豆新品種育成試験地で育成された11系統を供試し、特性と生産力を検討した。その結果、「関東114号、関東119号、東山218号」をやや有望とした。また、コンバイン適性に関する形質として成熟期後の茎含水率、裂莢率、しわ粒発生率の推移、最下着莢節位高、青立及び倒伏を調査した結果「四国12号」が最も優れ、次いで「関東119号」が優れた。
、現地調査では、県内2か所で「東山218号、九州151号」を供試したが、いずれも標準品種より優れるとはいえなかった。
研究分担作物・経営
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030182064
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat