発酵粗飼料に対応した水稲の品種選定と低コスト栽培法の確立

発酵粗飼料に対応した水稲の品種選定と低コスト栽培法の確立

県名岡山県
研究機関名岡山県農林水産総合センター農業研究所
課題種別試験研究課題
研究期間継(H22〜H24)
年度2011
概要発酵粗飼料に適した品種を選ぶため専用6品種と主食用5品種を検討した結果、専用品種では茎葉収量が多く耐倒伏性が強い「たちすずか」が、主食用品種では「ヒノヒカリ、アケボノ」が有望であった。
、また、主食用品種を用い茎葉多収となる施肥を検討した結果、「ヒノヒカリ」では、茎肥と実肥時期の肥効が有効であったが、「アケボノ」は施肥法による差は小さかった。また、両品種とも穂実肥はWCSのタンパク向上に有効とみられた。一方、省力・低コストとなる栽培法として、栽植密度11株/m^2の疎植、代掻き5時間後程度の無コーティング種子散播は慣行と同等の収量が得られ、省力化の可能性が示された。
研究分担作物・経営
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030182070
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat