パン用小麦有望品種の製パン性を考慮した緩効性肥料施用技術の確立

パン用小麦有望品種の製パン性を考慮した緩効性肥料施用技術の確立

県名山口県
研究機関名山口県農林総合技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H23-24
年度2011
概要目的:「ニシノカオリ」は、本県最初のパン用途向けの奨励品種であり、収量性や製パン適性(グルテンの質)が不十分であることから、より製パン適性の高い実需者要望に応えられる品種の選定が急がれている。また、県産小麦は蛋白含有率の地域間や、年次での変動が大きく、製粉会社から改善を要望されている。
、内容等:パン用小麦品種を普及する上で必要となる目標収量300kg/10aを確保するための緩効性肥料の種類と施用量の解明
研究分担農業技術部
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030182251
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat