徳地ヤマノイモの剥皮と品質保持技術の開発

徳地ヤマノイモの剥皮と品質保持技術の開発

県名山口県
研究機関名山口県農林総合技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間完H21-23
年度2011
概要目的:水酸化ナトリウム溶液による剥皮技術、むきいもの品質保持技術、長期間出荷用に冷凍とろろ等の加工技術を開発する。
、内容等:ヤマノイモを3%水酸化ナトリウム溶液に20分、または5%水酸化ナトリウム溶液に15分、70℃で浸漬するとブラシによる剥皮が可能となった。
研究分担本部
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030182270
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat