かがわ型アスパラガス農家の育成強化技術開発

かがわ型アスパラガス農家の育成強化技術開発

県名香川県
研究機関名香川県農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間新H23〜25
年度2011
概要目的:県オリジナル品種「さぬきのめざめ」の特性を十分に活かせるよう更なる技術開発を行い、本県のアスパラガス生産農家の経営の発展等に資する。
、成果:(1)組織培養による優良株の増殖を行うため、若茎の初代節培養培地に葉酸2mg/L、グルコース3%を添加することでシュートの再生率が改善された。
、(2)効率的な太物生産を目的に、異なるうね上面幅と有望品系を組み合わせた試験を行うため、定植、株養成を行った。
、(3)毎日作業で負担が長い収穫作業を改善するため、レール付き作業台車の試作機を開発した。
、(4)薬剤の散布方法(ノズル)の違いによるアスパラガス擬葉に付着した薬剤の残留量を調査したところ、静電噴口(みのる製eジェッター)を畝片側のみ散布した区は、慣行噴口(丸形五頭口)を畝両側から散布した区に比べて、散布量や散布時間は小さくなるものの、散布していない側の残留量は小さく、ネギアザミウマに対する効果も小さいと考えられた。
研究分担野菜・花き
、生産環境
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030182475
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat