DNAマーカーによる香川県水稲奨励品種等判別法の開発

DNAマーカーによる香川県水稲奨励品種等判別法の開発

県名香川県
研究機関名香川県農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間完H21〜23
年度2011
概要目的:香川県における水稲奨励品種等について、DNAマーカーを用いた効率的な品種判別法を開発する。
、成果:(1)原原種管理における品種判別マーカーの実用性を確認するため、新たに3マーカーの実用性を確認した。これまでに確認できた計16マーカーを組み合わせてマルチプレックス化を検討した。その結果、最大3回のPCRで香川県奨励品種等11品種を全て判別することが可能になった。また、多検体の分析に適用できるように、簡易DNA抽出法を検討し、所要時間を従来の24サンプル4時間から20分に大幅に短縮できた。
、(2)両親のパターンが異なるマーカーにより、交雑個体中の自殖個体種子を早期に確認することが可能であった。
研究分担野菜・花き
、作物・特作
予算区分受託
、(民間)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030182483
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat