赤潮・貝毒発生予察手法の開発

赤潮・貝毒発生予察手法の開発

県名香川県
研究機関名香川県赤潮研究所
課題種別試験研究課題
研究期間H20〜
年度2011
概要目的:播磨灘において、養殖魚類や貝類の大量へい死を引き起こすシャットネラ等の有害赤潮種の増殖と環境要因との関係を調査・検討し、有害赤潮種のモニタリングを効果的に活用した予察技術の確立に資する。また、瀬戸内海東部海域(播磨灘、備讃瀬戸)において、栄養塩濃度、ノリの色落ち被害原因種である珪藻類の動態等を広範かつ経時的に明らかにすることにより、当該海域におけるノリの色落ち現象の特性を把握する。 成果:関係県により連携のとれた広域海洋調査を実施し、栄養塩濃度、有害赤潮種や珪藻類の動態等を広域かつ経時的に把握し、赤潮発生の予察技術、冬季のノリの色落ち発生予察、被害軽減対策に繋がる基礎資料が得られる。
予算区分受託(農水省)
業績(1)香川県沿岸域におけるノリ漁期中の溶存態無機窒素の変動に及ぼす環境因子
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030182578
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat