瀬戸内特産定着性高級魚資源添加技術開発

瀬戸内特産定着性高級魚資源添加技術開発

県名愛媛県
研究機関名愛媛県農林水産研究所水産研究センター栽培資源研究所
課題種別試験研究課題
研究期間継H21〜24
年度2011
概要漁獲量の少ない定着性高級魚であるキジハタ、オニオコゼについて、両魚種の定着と持続的な漁獲による地域特産品化を目指し、もって漁業所得の増加を図る。
研究分担栽培資源研究所
、 増殖技術室
予算区分受託(独立行政法人)
業績(1)Immunostimulation effects of yellowtail heart extracts in vitro and in vivo
(2)魚類の水中給餌システムに関する研究−イシガキダイの海面自発摂餌給餌における給餌時間遅れの影響−
(3)中低層飼育におけるマハタの飼育成績
(4)生け簀沈下を想定した照度低下がマハタおよびイシガキダイの遊泳活動の日周期性に与える影響について
(5)魚類用沈下生簀を模したモデル水槽における餌の流下特性
(6)Control strategies for Viral Nervous Necrosis in Cultured Groupers
(7)深層生簀によるマハタの養殖について
(8)ハマチ心臓中に含まれる免疫促進物質に関する研究
(9)ブリフィレ加工残渣のマダイ飼料への利用
(10)南洋真珠養殖技術開発について
(11)MS-DNA親子鑑定によるクエの高成長形質選抜
(12)養殖マダイの価値創造に関する生産者の取り組み
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030182664
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat