有機質資源利用促進のための土壌環境実態調査

有機質資源利用促進のための土壌環境実態調査

県名高知県
研究機関名高知県農業技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H20〜24
年度2011
概要目的:有機質資源を利用した土づくりを推進するため、県内水田における土壌や有機物・施肥管理の実態を把握するとともに、温室効果ガスの発生を予測し、温室効果ガス発生の少ない土壌管理対策に役立つ基礎データを収集する。
、成果:1)調査地点における緑肥、堆肥による有機物施用は少なく、残さ処理はほとんどのほ場ですき込みもしくは表面処理が行われていた。
、2)作土の仮比重は0.7〜1.4、全炭素濃度は1.1〜8.1%、土壌の深さ30cm当たりの全炭素量は27〜148t/10haであった。
、3)水稲栽培における施肥は、化成肥料の利用が多く、施用量は窒素成分で0〜12.7kg/10aであった。
研究分担土壌肥料担当
予算区分受託
、(独法)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030182702
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat