食味に優れるシシトウ品種の育成

食味に優れるシシトウ品種の育成

県名高知県
研究機関名高知県農業技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間完H18〜23
、(H20休止)
年度2011
概要目的:シシトウの現在の品種は、果形や淡い果色などの果実特性等に問題がある。さらに新しいウィルス病の発生や栽培環境の悪化による辛みの発生などが指摘されている。そこで、「分子診断手法を利用した病害抵抗性品種の育成」の課題等で開発されたトバモウィルス抵抗性系統や良食味紫色シシトウなどを交配母本に利用し、ウィルス抵抗性でかつ辛みをもたないなどの良食味F1系統を育成する。
、成果:1)トバモウィルス抵抗性遺伝子を有する17系統の果実特性を調査した。
、2)辛み発生程度が低いF1を10系統、果形の良いF1を6系統作出し、特性調査を行った。その結果、辛味発生程度の低いF1を7系統、果形の良いF1を3系統選抜した。
研究分担園芸育種担当
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030182711
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat