高温登熟性に優れた水稲早生品種の育成

高温登熟性に優れた水稲早生品種の育成

県名高知県
研究機関名高知県農業技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H17〜24
年度2011
概要目的:高知県では独自の高温登熟性簡易検定法を確立しており、国内外の水稲品種の高温登熟性を評価するとともに、これまでに育成された良食味系統と高温登熟性の優れる品種・系統との交配により、高温登熟性に優れる良食味品種を育成する。
、さらに、育成系統の高温登熟性の評価とコシヒカリの出穂性同質遺伝子系統および高温登熟耐性QTLの解析の可能な系統について高知県における適応性を検討する。
、成果:1)国内収集の224品種・系統およびNIASコアコレクション品種の高温登熟性を評価した。その中で高温登熟性に優れ、収量性の高い有望な20系統を選抜した。高知県で育成された系統においては、収量性や玄米品質の有望な系統(高系系統9、高育70号、高育72号、高育73号)選定した。高育70号は‘ナツヒカリ’に代わる有望な奨励品種候補として、現地で実証試験を実施している。
、2)コシヒカリ/タカナリのRILs17系統から高温登熟性、収量性に優れる有望系統6系統を選定した。また、茉莉占/コシヒカリのRILs110系統の高温登熟性を評価し、14系統を高温登熟性“強”と評価するとともに、高温登熟性、草型が優れる有望系統9系統を選抜した。また、5染色体上に計6個の高温登熟関連QTLを見出した。コシヒカリ/Kasalath後代系統8系統においては、「と系SL236」の高温登熟性が優れることが明らかとなった。
研究分担水田作物担当
予算区分県単 受託 (独法)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030182716
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat