軟X線照射花粉を利用した施設ヒュウガナツの種なし果実着果安定技術の確立

軟X線照射花粉を利用した施設ヒュウガナツの種なし果実着果安定技術の確立

県名高知県
研究機関名高知県農業技術センター果樹試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H21〜
、23
年度2011
概要目的:文旦類で明らかになった軟X線照射花粉の受粉による種なし果実の安定生産技術を用い、ヒュウガナツの種なし果実安定生産技術を開発する。
、成果:軟X線照射線量は500Gy以下で良いこと、液体受粉のための増量剤はショ糖添加の必要がないこと、花粉保存は-20℃で良いこと等を明らかにした。
研究分担常緑
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030182735
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat