県産固有植物からの機能成分の抽出と有効利用技術開発

県産固有植物からの機能成分の抽出と有効利用技術開発

県名高知県
研究機関名高知県工業技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H22〜H24
年度2011
概要県内ではヒノキの葉や材、ユズなどから水蒸気蒸留により、オイルを抽出し、商品化しているところもあるが、十分に利用できているとは言えない。そこで高知県に豊富に存在し、抗菌性や薬効、芳香性が高いといわれているカヤ、山椒、ヤナセスギ、芳樟、マダケ、生姜などを対象として防虫剤や抗菌剤、芳香剤としての有効性成分の検索を行うとともに有効利用するための効率的な抽出技術、健康食品や建材など様々な分野へ利用する応用技術開発を行い、農商工連携による中山間地域の振興と新産業の創出を図る。
研究分担資源環境課
予算区分受託(公益財団法人)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030182832
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat