水稲の病害虫に関する研究 、1)ミナミアオカメムシの発生予察法および防除対策の確立

水稲の病害虫に関する研究 、1)ミナミアオカメムシの発生予察法および防除対策の確立

県名福岡県
研究機関名福岡県農業総合試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H21〜23
年度2011
概要目的:温暖化で増加する南方系カメムシの県内における生態を解明し、防除対策を確立する。 成果:ミナミアオカメムシの捕獲効率は雑草地のすくい取りよりフェロモントラップで高かった。また、ダイズではトラップの誘殺ピークから開花後の発生量を予測できる可能性が示唆された。スタークル顆粒水和剤、ダントツ水溶剤およびキラップフロアブルは本虫によるイネ被害粒の発生を長期間抑制することを明らかにした。 
研究分担病害虫部
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030182858
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat