トマトの高品質安定生産技術の開発 、2)トマト袋培地栽培における安定生産技術の確立

トマトの高品質安定生産技術の開発 、2)トマト袋培地栽培における安定生産技術の確立

県名福岡県
研究機関名福岡県農業総合試験場
課題種別試験研究課題
研究期間完H22〜23
年度2011
概要目的:低コスト型の養液栽培である袋培地栽培システムでは厳寒期の草勢維持のためにハウス内最低気温を高めに管理する必要があることから、低温管理でも草勢が維持できる培地加温の有効性を明らかにする。
、成果:暖房設定温度を慣行の15℃より低い12℃に低下しても電熱線を用いて培地を21℃に加温することで草勢を維持でき、慣行と同等の収量を得ることができた。また、培地をアルミ蒸着フィルムで被覆することで電熱線の通電時間が短縮され、コスト低減が図られた。
研究分担野菜部
予算区分県単
業績(1)トマトの促成栽培における冬季の昼温の違いが網入り果の発生に及ぼす影響
(2)トマトの促成栽培における冬季の昼温の違いが春季の果実形態および果実硬度に及ぼす影響
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030182874
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat