地域特産鶏の効率的飼養管理技術 、1)特産肉用鶏における飼料要求率の改善

地域特産鶏の効率的飼養管理技術 、1)特産肉用鶏における飼料要求率の改善

県名福岡県
研究機関名福岡県農業総合試験場
課題種別試験研究課題
研究期間完H21〜23
年度2011
概要目的:はかた一番どりにおいて最小の飼料消費で安定した育成技術を構築する。
、成果:育成後期において、鶏舎を消灯して自然光のまま管理すると、通常の連続点灯管理よりも育成率が向上し、飼料要求率が低減でき、収益性が向上した。しかし、Early Feedingでは明確な発育改善は認められなかった。
研究分担家畜部
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030182901
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat