オオカナダモ繁殖が魚類養殖及び河川環境に与える影響調査

オオカナダモ繁殖が魚類養殖及び河川環境に与える影響調査

県名福岡県
研究機関名福岡県水産海洋技術センター内水面研究所
課題種別試験研究課題
研究期間新H23〜25
年度2011
概要(1)目的:オオカナダモは、近年福岡県内でも分布を拡げており、砂利底に産卵する魚種の繁殖に影響が懸念されているため、有用魚類の繁殖に影響がないかを把握すると共に、駆除方法、駆除後の効果維持期間について検討をおこなう。
、(2)計画:23〜25年度  繁茂状況調査、好適環境調査、モデル駆除試験
、(3)期待される成果:有用魚類の産卵場造成手法の1つとして、オオカナダモの適切な除去方法を開発。
、(4)得られた成果:時期別河川占有率の推移。
、(5)成果の受け渡し先:本庁水産関係課、関係団体
、(6)残された問題点等:効果持続及び省力化から適正駆除時期検討。
研究分担内水面研究所
予算区分都道府県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030183003
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat