企業的園芸経営を育成するための新技術の開発と経営の成立条件の解明

企業的園芸経営を育成するための新技術の開発と経営の成立条件の解明

県名佐賀県
研究機関名佐賀県農業試験研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H22〜24
年度2011
概要目的:アスパラガスの企業的経営を育成するため、高い生産力を実現する技術の検証や企業的経営へ転換するための新技術の開発を行うとともに、企業的経営への発展過程と成立条件を明らかにする。
、成果:
、(1)アスパラガス経営における雇用者の実態を把握した。雇用者の勤務時間帯は朝夕の2時間程度ずつで特殊な勤務時間となっている。
、(2)既に雇用を入れ企業的な経営を行っている農家では、昼間の作業を確保するなど雇用しやすい環境を整えるとともに、規模拡大による労働時間の増大に対応するために、雇用者の増員や自走式防除機、収穫作業車の導入等により、作業時間の短縮と軽労働化を図っている。
、(3)水稲や麦との労働力の競合を避けるために、加温時期や立茎の時期を調節し収穫の分散を図っている。
研究分担企画経営
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030183018
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat