園芸作物における省エネ低コスト型新栽培技術の開発 

園芸作物における省エネ低コスト型新栽培技術の開発 

県名佐賀県
研究機関名佐賀県農業試験研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間完H21〜23
年度2011
概要目的:施設花き及び野菜について、低温伸長性等に優れる品種の選定及び栽培期間の見直しによる作型の変更、昼夜間の管理温度の見直しなどによる変温・低温管理技術の開発等低コストで安定した栽培技術の確立を図る。 
、成果:
、[花き]
、(1)主要秋ギクである「神馬」系統の2月出荷作型について、消灯後4週間の加温設定を17℃一定とした場合と比較し、18〜0時までの前夜半を17℃、0時以降を13℃加温とする夜間変温管理でも、ほぼすべての系統で開花の遅れや切り花品質の低下は見られなかった。また、夜間変温管理下で、最も到花日数が短くなったのは「神馬2号M選抜」、「神馬2号八女選抜」、「神馬66-4」、「新神2#23」であり、他の系統比べ、より低温開花性が高い有望系統と考えられた。
研究分担花 き
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030183031
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat