産地間競争に対応した佐賀型新銘柄豚生産モデルの検討

産地間競争に対応した佐賀型新銘柄豚生産モデルの検討

県名佐賀県
研究機関名佐賀県畜産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間新22〜24
年度2011
概要<目 的>さがL由来のLWに新たなデュロック種を組み合わせた新たな銘柄豚に、製茶残さ等地域未利用資源を利用した豚生産技術を組み合わせた生産技術を確立する。
、<計画>新たに作出された銘柄豚の産肉能力調査を行う。
、<期待される効果>新銘柄豚の作出および地域未利用資源を利用した飼養管理技術を確立することにより、産地間競争に対応した安定した養豚経営を図ることができる。
、<得られた成果>新たに作出された銘柄豚の出荷日令が去勢148.6日、雌154.5日で上物率が去勢57.1%、雌100%であった。
、<残された問題点>秋芽茶を利用した生産技術を農家で実証する。
研究分担中小家畜部
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030183107
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat