DNAマーカー選抜と染色体操作による野生種由来ジャガイモ青枯病等複合抵抗性育種素材の育成

DNAマーカー選抜と染色体操作による野生種由来ジャガイモ青枯病等複合抵抗性育種素材の育成

県名長崎県
研究機関名長崎県農林技術開発センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H21〜25
年度2011
概要目的:温暖化で多発が懸念される青枯病に対する高度抵抗性品種を育成するため、栽培4倍種と交雑可能な野生種由来の高度抵抗性を持つ6倍体を育成する。
、成果:野生種由来の3倍体雑種が得られた。今後青枯病抵抗性の検定と染色体倍加を行う。
研究分担花き・生物工学研究室
予算区分都道府県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030183161
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat