菌根菌を活用した海岸クロマツ林の造成・更新技術の開発

菌根菌を活用した海岸クロマツ林の造成・更新技術の開発

県名長崎県
研究機関名長崎県農林技術開発センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H20〜24
年度2011
概要海岸クロマツ林の衰退により防風・防潮等の防災機能の低下が 懸念されている。そこで在来の菌根菌感染苗等を活用し様々な生育阻害要因に高い耐性を持つ海岸林の造成更新技術を明らかにする。これまでの調査でコツブタケとショウロ類が多く発生することが分り、それらの子実体を使った子実体懸濁液散布や粉炭施用によるによる菌根菌の定着促進を図るための試験を実施しており、併せて菌根菌感染苗の簡易な生産手法を検討中である。

研究分担森林研究部門
予算区分都道府県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030183173
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat