果樹園における植物調節剤の利用法

果樹園における植物調節剤の利用法

県名長崎県
研究機関名長崎県農林技術開発センター
課題種別試験研究課題
研究期間継S50〜
年度2011
概要目的:カンキツ、ビワ、落葉果樹に対する除草剤の効果判定、植物成長調節剤の実用性について検討する。
、成果:温州ミカンにおけるNAA水溶剤の摘果効果は既存の薬剤であるフィガロン乳剤と同等以上であり、落葉も少なく、樹体ストレスも小さいため樹勢への影響が小さいことを明らかにした。また、ジャスモン酸とジベレリンによる浮き皮や虎斑症等の果皮障害軽減のための利用技術を明らかにした。

研究分担カンキツ研究室
予算区分受託(民間)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030183190
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat