臭化メチル剤に替わるショウガ根茎腐敗病体系防除技術の開発 、【臭化メチルから完全に脱却した産地適合型栽培マニュアルの作成】

臭化メチル剤に替わるショウガ根茎腐敗病体系防除技術の開発 、【臭化メチルから完全に脱却した産地適合型栽培マニュアルの作成】

県名熊本県
研究機関名熊本県農業研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H20〜H24
年度2011
概要目的:ショウガ根茎腐敗病の防除には不可欠用途用臭化メチルが使用されている。本剤の使用は2005年から削減され、2013年には完全に廃止されれため、代替技術の開発が急務となっている。本課題では、中山間地で栽培される本県のショウガ栽培地域に適し、臭化メチルと同等の効果、作業性、経済性をもつ防除体系マニュアルを作成する。
、成果:ダゾメット粒剤と生育期処理剤の体系で、臭化メチルと同程度の感染抑制効果が認められた。また、生育期処理剤の省力・効果的処理技術として、潅水チューブによる潅注処理を考案した。
研究分担生産環境・病害虫
予算区分受託
業績(1)土壌消毒前の土壌被覆処理がショウガ根茎腐敗病発生に及ぼす影響
(2)生育期におけるショウガ根茎腐敗病の効率的防除法
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030183292
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat