水田の高度利用を可能とする飼料米等の地域適応性と多収技術

水田の高度利用を可能とする飼料米等の地域適応性と多収技術

県名熊本県
研究機関名熊本県農業研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間完H22〜H23
年度2011
概要目的:米を濃厚飼料の代わりに活用する飼料米生産が求められているため、高冷地域適応性の高い飼料米品種について、多収のための肥培管理技術、省力栽培技術を確立する。
、成果:「ホシアオバ」は、堆肥を1〜4t/10a施用すると増収する。また、耕土深20cm程度の深耕により籾数が増加し、収量が増す。堆肥を3年間連用した場合においては、基肥を2kg/10a程度削減しても慣行栽培並の収量を得られることから、栽培コストの低減が可能である。
研究分担高原農業
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030183344
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat