飼料米の低コスト・高タンパク・超多収栽培法の確立

飼料米の低コスト・高タンパク・超多収栽培法の確立

県名大分県
研究機関名大分県農林水産研究指導センター
課題種別試験研究課題
研究期間完H21〜23
年度2011
概要目的:水田機能を最大限活用できる飼料米の品種選定および栽培法を確立する。
、成果:推奨しうる品種として「ホシアオバ」を選定した。
、「ホシアオバ」の収量・玄米タンパク量を向上させるには、穂肥と晩期穂肥の双方を施用する
研究分担作物栽培チーム
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030183412
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat