赤潮・貝毒被害軽減システムの開発

赤潮・貝毒被害軽減システムの開発

県名大分県
研究機関名大分県農林水産研究指導センター
課題種別試験研究課題
研究期間完H21〜H23
年度2011
概要重大な漁業被害を与える有害プランクトンの生理・生態を明らかにし、赤潮発生予察の強化を図る。また、漁場改善指導に資するため、漁場環境等のモニタリング調査を行っている。
、さらに、養殖貝類の毒化を防ぐため、安価で迅速に毒量の検査ができるELISA法を用いて避難漁場の候補地選定等を行う。
研究分担養殖環境チーム
予算区分県単
、国庫補助(水産庁)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030183488
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat