菌床キノコの生産技術の高度化に関する研究

菌床キノコの生産技術の高度化に関する研究

県名宮崎県
研究機関名宮崎県林業技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H20〜24
年度2011
概要目的:未利用培地基資材の利用や培養・発生にかかる新たな管理技術等について究明し、生産技術の高度化を図る。
、成果:(1)標準培地(米ヌカ)に比べ、各焼酎粕培地で子実体収量は増加した。(3)新燃岳噴火による降灰の培地への影響について調査した結果、火山灰混入割合の増加とともに木粉pHは低下したが、培地pHには影響はなく、培養初期の菌糸伸長にもほとんど影響なかったが、子実体収量は減少する傾向となった。
研究分担特用林産部
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030183510
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat